東京でキャバクラ店の豊富な街といえばどこを想像しますか?

銀座、六本木、池袋、新宿、渋谷…
思い浮かぶ場所は人それぞれでしょう。
それぞれのエリアのキャバクラには、独自の雰囲気や特徴があります。

今回は、そんな中でもキャバクラ激戦区と呼ばれ、大小様々なキャバクラがしのぎを削る新宿のキャバクラについて調べてみました。
日本一の歓楽街、新宿のキャバクラの特徴はどのようなものなのでしょうか。

不夜城、歌舞伎町のキャバクラ

すでに触れたように、新宿にある歌舞伎町は日本を代表する歓楽街として有名ですね。

ショッピングを楽しむ人や日本全国からの観光客だけではなく、世界中から外国人が訪れる観光名所にもなっています。
新宿は24時間眠らない街とも言われており、「不夜城」という映画の舞台にもなったくらいです。

その中でも歌舞伎町というエリアは、一晩中ネオンの明かりが煌々と灯されていて、ホストクラブを代表に数え切れないほどの店舗がひしめく場所になっています。

キャバクラも同じです。
たくさんの店がひしめく激戦区で、現在いくつのお店があるのか、正しい数字は関係者でもわからないほど多く、移り変わりが激しいエリアでもあります。
夜も活気があるということが、キャバクラやホストクラブといった業界との親和性を高めることに繋がっているのでしょう。

店舗数が多いメリット

歌舞伎町の特徴はあらゆるタイプのサービスを提供するお店がそろっているため、どんなお客様のニーズにも対応できるということです。

一般的な歌舞伎町のキャバクラ以外にも昼キャバ・夜キャバ、ニュークラブなど、バラエティ豊かな店舗が多数あります。
中にはマニアックな分野に特化したお店もあるので、誰でもお気に入りの店が見つかりやすく、ついつい行きたいと思う街ですね。

高級店もそんなタイプの一つではないでしょうか。20代男性であれば、一度は歌舞伎町の高級店でナンバーワンキャバ嬢に上質のおもてなしを受けてみたいと憧れたこともあるでしょう。

そんな願いをかなえてくれる街がこの街です。

新宿歌舞伎町のキャバクラ

ジェントルマンズクラブ
アジアンクラブ
ヴェルージュ

ディアレスト
このエントリーをはてなブックマークに追加